ウォーターサーバーのボトルはワンウェイが良いか

ウォーターサーバーでは、天然水かRO水が主な水の種類です。天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜を通すことでミネラルがなくなってしまうので、ミネラルをその後に足していることもあります。RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。

水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較して、ウォーターサーバーはどこが良いのか考えてみます。ウォーターサーバーを水道水と比較すると、おいしいということが一番のメリットです。利便性が良いということもあげられます。料金が安いのは水道水です。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べた場合には、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。設置場所とコストは浄水器には勝てません。ペットボトルと比較すると、自宅においてはウォーターサーバーの方が良いです。外出する際は、ペットボトルが勝ちます。

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。リターナブルは、ボトルを再利用するためやすいです。宅配業者に委託せず、自社での配送のため、不在時は玄関前にボトルが置かれます。水の種類は天然水はなく、RO水のみとなります。ワンウェイボトルになると、天然水がたのしめます。配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です