ウォーターサーバーのボトルの方式について

主なウォーターサーバーのボトル方式は、業者が回収するリターナブルか、使い捨てのワンウェイ方式です。リターナブルの場合、ボトルを再使用することで、ボトルが安くなります。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。水の種類がRO水のみであり、天然水はありません。ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。宅配業者が配送するため、配送日時指定や、再配達を利用することができます。空きボトルを捨てることができるので、保管して邪魔になることがありません。

ウォーターサーバーには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まずはメリットからです。冷たく、おいしい水が自宅ですぐにだせます。温かいお湯がすぐに利用できるのはかなり助かります。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。当然ながら、毎月料金がかかるのわデメリットになるでしょう。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。水道水と比べた場合、当然ながらウォーターサーバー・宅配水の方がおいしい水が飲めます。利便性が良いのもポイントです。当然料金は水道水に負けます。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べてみると、水がおいしいことと、利便性が良いことがウォーターサーバー・宅配水のメリットです。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比べると、ウォーターサーバーは自宅内では良いでしょう。外出が多い場合は、ペットボトルが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です