育毛剤とはなにか基本を解説

育毛剤と呼ばれるものの中には、主に5つ存在しています。

育毛剤、養毛剤、発毛剤、発毛促進剤、そしてスカルプエッセンスになります。

最も効果が高いのが、医薬品である発毛剤です。育毛剤ですが、これは医薬部外品であり、次に効果が期待されます。発毛促進剤については、厳密な定義はありません。

 

 

スカルプエッセンス、養毛剤は化粧品の一種です。

スカルプエッセンスに含まれるキャピキシルは医薬部外品の成分として認められていないため化粧品となっています。

 

 

キャピキシルの効果としては、毛母細胞活性化、およびジヒドロテストステロンの抑制が期待されています。養毛剤は、抜け毛の予防と頭皮ケアのための化粧品です。養毛剤は、育毛シャンプーと育毛剤の間をとったような商品で、それなら育毛剤が良いかなと思います。

 

 

育毛剤は男性をターゲットにしていると思われがちですが、実は女の人専用の商品も売られています。

男性と女の人では毛髪が薄くなる原因が違っていますので、男女両方で使用できる汎用の育毛剤を使うよりも女の人のことを考えて作られた商品の方が成果が出やすいということがあります。

 

 

しかし、当たり前ですが、男性・女の人両方で使えるものを使用して効き目がある人も、中にはいらっしゃるため、その人の体質も関係します。

「あれ?薄くなってる?」と気づいたら出来る限り早く育毛剤で対処することが大切です。育毛剤の一般的な成分について、解説します。

 

一つ目として、男性型脱毛症予防効果が期待できる成分の解説です。男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを抑制する効果があることで有名です。フィナステリド製剤は医薬品ですが、プロペシアと呼ばれています。

 

 

似たような効果がある成分が、市販の医薬部外品などにも配合されています。

 

 

それは、例えばオウゴンエキス、チョウジエキス、ビワ葉エキス、ヒオウギエキス、キャピキスルなどです。

 

 

亜鉛、イソフラボンやノコギリヤシも、似た効果があるとされ、これらは育毛サプリによく配合されている成分です。

 

発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。ニンジンエキス、センブリ抽出液や海藻抽出液、ゲンチアナエキスやキャピキシル等が似たような成分として有名です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です