ウォーターサーバーのボトルの方式について

主なウォーターサーバーのボトル方式は、業者が回収するリターナブルか、使い捨てのワンウェイ方式です。リターナブルの場合、ボトルを再使用することで、ボトルが安くなります。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。水の種類がRO水のみであり、天然水はありません。ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。宅配業者が配送するため、配送日時指定や、再配達を利用することができます。空きボトルを捨てることができるので、保管して邪魔になることがありません。

ウォーターサーバーには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まずはメリットからです。冷たく、おいしい水が自宅ですぐにだせます。温かいお湯がすぐに利用できるのはかなり助かります。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。当然ながら、毎月料金がかかるのわデメリットになるでしょう。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。水道水と比べた場合、当然ながらウォーターサーバー・宅配水の方がおいしい水が飲めます。利便性が良いのもポイントです。当然料金は水道水に負けます。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べてみると、水がおいしいことと、利便性が良いことがウォーターサーバー・宅配水のメリットです。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比べると、ウォーターサーバーは自宅内では良いでしょう。外出が多い場合は、ペットボトルが良いでしょう。

RO水か天然水かどちらが良いか

ウォーターサーバー・宅配水は、良いところと悪いところ、それぞれどんなものがあるのでしょうか。メリットを上げていきます。冷たく、おいしい水が自宅ですぐにだせます。温かいお湯をすぐ使えるのは想像以上にありがたいです。災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。デメリットとしては、毎月お金がかかってしまいます。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。

ウォーターサーバーのよくある水は、天然水か、RO水の場合が多いです。天然水は、よくあるミネラルウォーターです。RO水はそこまで知名度があるものではない気がします。RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜によってミネラル分までろ過してしまうため、後でミネラルを追加することもあります。RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。リターナブルでは、ボトルが再利用されるためボトル代金が安いです。配送を宅配業者が行うのではなく、自社なので、不在の際にボトルは玄関前に置かれます。天然水はなく、水の種類はRO水に限定されます。天然水が飲みたい場合はワンウェイボトルになります。配送を宅配業者に委託しているため、配送日時の指定や、再配達が活用できます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

ウォーターサーバーの良さを考えてみる

ウォーターサーバーの良い点と悪い点をまとめてみました。まずはメリットからです。自宅ですぐにおいしく冷たい水を飲めます。温かいお湯をすぐ使えるのは想像以上にありがたいです。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。月額の利用料金がかかってしまうことがデメリットとしてあります。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。

ウォーターサーバー・宅配水の水の種類は、天然水かRO水がよくあります。天然水の方は、皆さんご存知と思います。RO水をはじめて聞く方は少なくないと思います。RO水は、RO膜という高性能なフィルターで不純物を取り除いています。RO膜によってミネラル分までろ過してしまうため、後でミネラルを追加することもあります。RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。水道水と比べた場合、当然ながらウォーターサーバーの方がおいしい水が飲めます。利便性が良いのもポイントです。当然料金は水道水に負けます。水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。浄水器と比較した場合、水がおいしいことと、利便性が良いことがウォーターサーバーのメリットです。設置場所とコストは浄水器には勝てません。ペットボトルと比較した場合は、自宅にいる場合はウォーターサーバー・宅配水が有利です。外出が多い場合は、ペットボトルが良いでしょう。

ウォーターサーバーのボトルはワンウェイが良いか

ウォーターサーバーでは、天然水かRO水が主な水の種類です。天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜を通すことでミネラルがなくなってしまうので、ミネラルをその後に足していることもあります。RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。

水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較して、ウォーターサーバーはどこが良いのか考えてみます。ウォーターサーバーを水道水と比較すると、おいしいということが一番のメリットです。利便性が良いということもあげられます。料金が安いのは水道水です。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べた場合には、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。設置場所とコストは浄水器には勝てません。ペットボトルと比較すると、自宅においてはウォーターサーバーの方が良いです。外出する際は、ペットボトルが勝ちます。

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。リターナブルは、ボトルを再利用するためやすいです。宅配業者に委託せず、自社での配送のため、不在時は玄関前にボトルが置かれます。水の種類は天然水はなく、RO水のみとなります。ワンウェイボトルになると、天然水がたのしめます。配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

ウォーターサーバーのメッリト・デメリットについて

ウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介します。まずは良い点を紹介します。おいしくて冷たいお水をすぐに飲むことができます。熱いお湯をすぐに出せるのもとても便利です。災害が起こった際には、備蓄水になることでしょう。悪い点は、月額で利用料が発生することです。部屋が狭いとサーバーの設置スペースをとるのも一苦労です。

水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較して、ウォーターサーバーはどこが良いのか考えてみます。ウォーターサーバーを水道水と比較すると、おいしいということが一番のメリットです。利便性も上回ります。当然料金は水道水に負けます。殺菌の点においては、水道水にはカルキが含まれているため有利です。浄水器と比べた場合には、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比べると、自宅においてはウォーターサーバーの方が良いです。外出時にはペットボトルには勝てません。

ウォーターサーバーでは、天然水かRO水が主な水の種類です。天然水の方は、皆さんご存知と思います。RO水とは、どんなものなのでしょうか。RO水は、RO膜という高性能なフィルターで不純物を取り除いています。RO膜によるろ過でミネラル分も失われるため、後工程でミネラルを追加するという場合もあります。RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。

人気でおすすめのウォーターサーバー・宅配水の選び方

東日本大震災以降、防災の観点から、備蓄水としてウォーターサーバー・宅配水が非常に人気です。今では、ウォーターサーバー・宅配水の市場はかなり大きくなったため、参入業者も多様です。

ウォーターサーバー・宅配水の選び方のポイント

ウォーターサーバーの選び方にはいくつかポイントがあります。

まずは値段。ここは言われなくても気にするところですよね。値段と言っても、サーバーのレンタル料金、水ボトルの料金、送料、電気代、など。契約期間によっては、解約時の違約金も発生します。

レンタル料金は、最近は無料が多いです。その代わり、水ボトルを月ごとにノルマを決めているところが多いです。ノルマは少ないところで月に24リットルといったところです。

水ボトルの料金は、水の種類によって大きく違います。天然水か、RO水か。RO水とは、高性能なフィルターで濾過した水です。天然水の方が高いですが、おいしくてミネラルが含まれているのが一般的です。

送料は無料としているところが多いですね。

電気代については、500円から1500円程度かかることが一般的なようです。最近はエコモードのついたウォーターサーバーも多く、これなら500円以下になったりします。もちろん使い方によりますが。

違約金ですが、契約期間が半年とか、数年とか、その期間を満たさずに解約する場合、数千円から数万円かかったりします。契約時に確認しておくことが大事です。

好みによってオプション料金もあります。炭酸水や水素水を作るアタッチメントを追加したい場合などに追加料金がかかります。

毎月水をどれぐらい飲むか、または料理などに使うかを考えておく必要もあります。家族は何人いるか、一人暮らしか。料理はどれぐらいするか。

ウォーターサーバーは冷たい水や温かいお湯がすぐに使えて、今までと生活が変わります。なので設置してみて想像しな方使い方もあります。もしかすると、予定以上に使うかも?

ノルマがあるウォーターサーバーを選んだ場合、毎月に水を使う量を誤ると、ノルマに苦しむことにもなりかねないので、どれぐらい使うかは事前に計算しておいたほうがよいです。場合によっては、ノルマがないウォーターサーバーを選んだほうが得な場合もあります。ノルマなしの場合は、ウォーターサーバーのレンタル料がかかることも注意する必要があります。

ウォーターサーバー・宅配水は、ランキング形式のサイトで選ぶのが簡単でよいですね。例えば、下記のようなサイトです。

ウォーターサーバー比較まにあ – おすすめの人気宅配水の比較ランキング