育毛剤・育毛サプリメント・発毛サプリメントのおすすめの選び方

効果がある育毛剤や育毛サプリを選ぶのはかなり難しい。

その方法について順を追って解説します。

育毛剤の成分について

育毛剤の主な配合成分をこれからせつめいします。最初に、男性型脱毛症予防に効果がある成分から説明します。

ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こします。
フィナステリドが、ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるとして有名です。フィナステリド製剤は医薬品ですが、プロペシアと呼ばれています。市販されている医薬部外品にも、似たような働きをする成分があります。
どういうものかというと、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液やオウゴン抽出液、チョウジエキス、キャピキスル等になります。

 

さらに、育毛サプリメントによく含まれている亜鉛、ノコギリヤシやイソフラボンについても同様の効果が期待できます。発毛作用がある成分としては、ミノキシジルが有名です。ニンジン抽出液、センブリエキスや海藻抽出液、ゲンチアナエキスやキャピキシル等が似たような成分として有名です。

 

育毛サプリメント・発毛サプリメントの成分について

育毛サプリメントの一般的な成分について、ここで解説します。
まず初めに、男性型脱毛症予防に効果がある成分から説明していきます。

男性型脱毛症は、多くはジヒドロテストステロンによって引き起こされます。

育毛サプリメントに良く配合されている成分でよくあるノコギリヤシエキスは、ジヒドロテストステロン抑制を目的としています。
ノコギリヤシと同様の効果が期待される成分として、イソフラボンや亜鉛、フィーバーフューが有名です。
次に、血流を改善する成分も発毛を促すためにはとても大切です。必須アミノ酸であるバリンやロイシン、イソロイシンはBCAAと言う成分で、髪の毛の構成要素となります。イチョウ葉エキスやカプサイシンなどによって発毛の助けとなるようなサプリもでてきています。
髪の合成を重視する場合、ケラチンやミレット抽出液で髪に蛋白質を供給する方法があります。

これまでに書いた成分を食事だけでとろうとするとかなり困難です。

 

育毛剤の種類について

一般的に育毛剤と呼ばれるものですが、大きく5つにわけることができます。
育毛剤、養毛剤、発毛剤、発毛促進剤、そしてスカルプエッセンスになります。発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。
育毛剤ですが、これは医薬部外品であり、次に効果が期待されます。

発毛促進剤については、厳密な定義はありません。
スカルプエッセンス、養毛剤は化粧品の一種です。

スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。

 

 

キャピキシルについては、毛母細胞を活性化することと、ジヒドロテストステロンを抑制することが期待されています。

養毛剤は、抜け毛の予防と頭皮ケアのための化粧品です。養毛剤は、育毛シャンプーと育毛剤の間をとったような商品で、それなら育毛剤が良いかなと思います。

 

育毛剤・育毛サプリ・発毛サプリを選んでみる

実際に育毛剤や育毛サプリメントを選ぶときは、比較サイト、ランキングサイトを参考にすると選択肢をしぼりやすいです。

おすすめのサイトを紹介します。

発毛サプリランキング

育毛サプリを飲むタイミングについて

育毛サプリメントを飲むタイミングはいつが最も良いのか。正しい摂取方法を見習うことで、効果がかわってくるのでここは重要です。結論から言うと、育毛サプリは、食後に飲むのがベストです。

 

それは、体内への栄養の吸収が理由となってきます。
栄養が最も吸収されるのは食後です。
では、一度の食後にまとめて一日の摂取量を飲んで良いのでしょうか。
朝昼晩と、できることなら毎食後にわけるのがよいです。一度の栄養の体内への吸収量は限度があります。その限度を超えた場合、超えた栄養は体の外に出てしまいます。

 

どうしてもまとめて飲む場合は、夕食後がベストです。育毛剤は男性をターゲットにしていると思われがちですが、実は女の人専用の商品も売られています。男と女、性別が違うのですから当然毛が薄くなる原因も違うため、男性と女の人、両方で使える育毛剤を使用するよりも女の人へと勧められている製品の方が育毛剤の効果を十分に発揮できるものと思われます。

 

 

だからと言って、当然、男女兼用の汎用育毛剤を使って充分なほどに効果が出てくる人もいらっしゃるので、その商品が自分に合う、合わないといったことにもよります。近頃、髪が薄くなったかもと気になったら育毛剤を使った早めのケアが第一です。

 

育毛サプリメントの主な配合成分をこれから説明していきます。まず最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分からです。たいていジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。
ジヒドロテストステロンを抑制するとして、育毛サプリメントに良く配合されているのがノコギリヤシ抽出液です。そのほか、似た効果が期待されている成分には、亜鉛、フィーバーフュー、イソフラボンがあります。

 

 

また、発毛を促進するために、血流を良くする成分も重要です。BCAAは、必須アミノ酸のバリン、イソロイシンやロイシンであり、髪の毛の構成要素となっている成分です。イチョウ葉エキスやカプサイシンなどによって発毛の助けとなるようなサプリもでてきています。

髪を合成する成分として、ケラチンなど、紙にタンパク質を補うサプリもあります。
これらの成分は食事だけで摂取するのはなかなか大変です。

ウォーターサーバーはノルマなしがおすすめ

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。
まず水道水と比較すると、おいしさの面でウォーターサーバーが良いでしょう。利便性が良いのもポイントです。
料金では水道水に勝てません。水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。浄水器と比べた場合には、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。コストと設置場所が、浄水器の有利な点です。

 

 

ペットボトルと比べた場合は、自宅にいる場合はウォーターサーバーが有利です。

外出する際は、ペットボトルが勝ちます。

ウォーターサーバーのボトルには2種類の方式があり、回収式のリターナブルか、使い捨てのワンウェイとなります。

 

リターナブルでは、ボトルが再利用されるためボトル代金が安いです。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。

 

水の種類がRO水のみであり、ミネラル水はありません。
ワンウェイボトルになると、天然水がたのしめます。

 

宅配業者によって配送されるため、日時の指定や不在時の再配達が使えます。
邪魔な空きボトルは、保管せずに捨ててしまえば問題ありません。ウォーターサーバーの水の種類は、ミネラル水かRO水がよくあります。
天然水は説明は要らないですよね。
RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。

 

 

高性能なフィルターであるRO膜で水の不純物をとってしまったものがRO水です。

 

 

RO膜が非常に強力なため、ろ過後にミネラルを添加している業者さんもいます。RO水の原料は水道水であったり、天然水の場合もあります。

 

ノルマなしのウォーターサーバー・宅配水を選ぶにはこつがいります。

正直、ひとつひとつのサーバーを見ていくときりがありません。

厳選したものからいいものを選ぶのが良いです。そのためには、比較サイト、ランキングサイトを見てみましょう。

おすすめのサイトを紹介しますので、参考にしてみてください。

ノルマなしのおすすめウォーターサーバー・宅配水